Go to Top

Touch Stones

さくらインターネットで購入したシマンテック社のSSLサーバー証明書がGoogleで無効にならないために

シマンテック社がデジサート社に買収されたことに端を発し、シマンテック社時代に発行されたサーバ証明書を使用している場合は Google Chrome 上で信頼されたサイトとして扱われず、警告が表示されることになっています。

シマンテック社時代のサーバ証明書は再発行が必要

デジサート社では、 Chrome で警告が表示されないようサーバ証明書の再発行を呼びかけています。

Google Chrome 66, 70 における警告回避のための再発行について

Google は段階的な証明書の更新を求めており、現時点で 2016 年 6 月 1 日より前に発行されたサーバ証明書が導入されたウェブサイトに対しては、警告が表示されるようになりました。

2018年9月13日以降は、全てのシマンテックのサーバ証明書の再発行が必要となります。サーバ証明書の再発行ですが、どこで購入したかによって対応方法が異なるため購入元の案内を確認する必要があります。

さくらインターネットでSSLを購入した場合の対応

さくらインターネットでは以下のサポートページにて、今後の対応方法を案内しています。更新が必要となる対象の証明書は、ラピッドSSL、クイックSSLプレミアム、セキュア・サーバID、セキュア・サーバID EV、グローバル・サーバIDです。

2016 年 5 月 31 日以前に発行されたサーバ証明書をの利用ユーザにはすでに証明書の再発行方法を案内済みとのこと。2016 年 6 月 1 日以降、2017 年 11 月 30 日までに発行されたサーバ証明書を使用している場合は 2018 年 6 月以降にメールで再発行方法が連絡がされる予定です。

デジサート社証明書再発行対応について

追記:Chrome だけでなく Firefox でも再発行が必要

2016年5月31日以前にシマンテックから発行された証明書は、 2018年5月リリース予定のFirefox 60において無効化されるとの公式声明がありました。

今後他のブラウザもこの動きに追随する可能性があるため、シマンテック社が発行した証明書を使用しているサイト管理者は必ず期日前にサーバ証明書を更新するようにしてください。

【Slack基本操作】@channel @here など多数に呼びかける場合の使い分け

開発者に限らず一般へも普及し始めた Slack  ですが、アット記法は直感的でなく少しわかりにくいことがあると感じています。

たとえば同じチャネルに属しているメンバーに話しかけるとき、何を使ってますか?@channel ですか?@here ですか?何が違うの、といった方も多いので違いをまとめてみましょう。

Read more +

WordPress 検索機能をカスタマイズし、結果に固定ページ・特定のカテゴリのみを検索対象とする

WordPress の標準の検索機能では、存在する記事、固定ページすべてを検索対象としています。記事のみを検索対象として固定ページを検索結果から除外する、また、特定のカテゴリのみを検索対象に含む/除外するサンプルコードをご紹介します。

Read more +

Google Chromeのキャッシュから一度見た画像・動画・htmlファイルを取得する

見たことのある動画やページが削除されてしまったけれど、もう一度見てみたい - そういうときは諦める前にブラウザのキャッシュにファイルが残っていないか、確認してみませんか?

Google Chrome は一度アクセスしたサイトの情報を自動的にローカルPC上に保存します。このとき保存したファイルのことをキャッシュと言います。決められたファイルサイズ上限に達するまでキャッシュを保存し、あまりアクセスしないサイトの情報は古いものから削除していきます。この機能により、毎回同じファイルをサイトからダウンロードする手間を省き、頻繁にアクセスするサイトの表示が早くなるのです。

もしキャッシュが削除されてしまう前であれば、ローカルPC内に見たことのある動画や画像のファイルが残っている可能性があります。今回はこのファイルを取り出す方法をご紹介します。

Read more +

Google ドライブの引継ぎ手順 ドキュメントのオーナー権限を一括譲渡する

多人数で仕事をする場合、Google ドライブ上のドキュメント共有は大変便利な機能です。
共有ディレクトリ上に置いたり、メールに添付するよりもアクセスしやすく、いつもと異なる作業端末からも使用することができます。
Google ドライブ上のドキュメントにはそれぞれオーナーが決まっており、ファイルをアップロードするとオーナーのストレージ容量が消費されます。また、オーナーはファイルの公開範囲を設定することができます。

ここで気をつけたいのは、ドキュメントの共有とはオーナー個人のストレージに保持されているファイルを、権限の付与によって他のユーザが編集・参照できる状態にしているということです。
実際にドキュメントが保存されているのはオーナーのストレージであり、 オーナーのGoogle アカウントを削除した場合はドキュメントも削除されてしまいます。

Read more +

WindowsUpdate後に自動再起動させないよう設定する

一日のPC作業を終了するとき、多くのアプリケーションやブラウザタブを開いているとまた明日もすべて開きなおすのは面倒なので、そのままにしてWindowsをロック・ノートPCを閉じたことはないでしょうか。

また今の状態からすぐに作業を始められる・・・そう思って翌日PCを見るとアプリケーションが閉じられていて、最悪作業途中のデータが失われている。Windows Updateで自動更新が行われるとまさにそんな状況が起こりえます。

Windows Updateはデフォルトの設定では深夜3時から自動的に実行される設定となっています。Windowsからすればユーザーが更新のために作業を中断しなくてよいようにという配慮なのですが、そんな設定許可した覚えもないし、何を勝手に再起動しているんだ!と思ってしまいます。

Read more +